2013年03月09日

足と脚の違い

「足」と「脚」の違いは何?
・・・って思った事がありませんか?

答えはね、
「足」はくるぶしから指先までを「足」。
だから靴は一足、二足、三足・・・って言い方をします。
k8dD3EhKhcp6VSN1362786104_1362786208.png

ふとももの付け根からくるぶしの上までを「脚」。
5vD13oCMsl8KK5b1362786578_1362786645.png

今回は「足」のお話。
足の裏にはたくさんのツボがあります。
新生児の赤ちゃんでさえ足の裏を触ると反応します。
実は新生児にとって足裏は弱点らしいですよ〜。

新生児の口を開く方法は、足の裏をちょっと強めに押すと
寝てても、起きてギャッーと泣きます。(口が開く)
私も娘の時に試しましたが(←おい)本当に泣きます。

新生児でも反応するくらい
足の裏には様々なツボ・機能があるのでしょうね。

小さい子供には裸足がオススメですよ。
裸足で歩いたり、立ったり、遊んだりしてるだけでも
足の裏は様々な刺激を受けるので良しとされてます。

裸足保育の保育園や幼稚園があるのはそのためです。
娘も幼稚園から帰ってくると一番に靴下を脱ぎます。

「足は第二の心臓」といわれるくらいですからね。
足がだるいと感じた時は、足の裏を指でグリグリするだけでも
気持ち良くなりますよ〜。

ちなみ「脚」の画像は剛力彩芽ちゃん。
あまり好きじゃなかったけど、この画像で一度に好きになってしまった〜。
素晴らしい美脚ぶり。(脚フェチかっ)
oVSYpqKQ0DZN6sq1362786669_1362786682.jpg


posted by みみ at 08:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする